yasuko1984ja

億ったー

世の中の出来事・ニュース・ネタをネット民の反応視点で読み解くサイトです

本日の人気記事
    厳選サイト様記事紹介
    管理人オススメサイト様>>     しぃアンテナ  だめぽアンテナ  ニュー速  にゅーもふ

    25 4月

    ジョジョ立ちを完全再現した猫wwwwwwwwwwwwwww

    続きを読む »
    25 4月

    BABYMETALが海外で売れた理由

    babymetal

    女性グル―プ・BABYMETALが世界同時発売したアルバム『METAL RESISTANCE』がビルボードの全米アルバムチャート39位となり、日本人では故・坂本九さん以来53年ぶりのTOP40入りと話題になった。イギリスのウェンブリー・アリーナでの単独公演にも1万2000人の観客を集め、同公演を皮切りに3度目のワールドツアーを行う。彼女たちが日本より先に海外で人気を呼んだ理由はどこにあったのか? 改めて彼女たちの魅力について探ってみよう。
     BABYMETALはもともと、中学3年生までの“成長期限定”アイドルグループ・さくら学院から派生した3人組。さくら学院は“学校生活とクラブ活動”をテーマにしており、クッキング部、バトン部などのクラブ(ユニット)のひとつ、重音部がBABYMETALの原型だった。コンセプトが“アイドルとメタルの融合”。これが「斬新だった」とよく言われるが、実のところ、多種多様なスタイルが生まれた日本のアイドルシーンで、必ずしもロック×アイドルは珍しくなかった。アリス十番(仮面女子)も“メタルアイドルユニット”を名乗っていたし、ひめキュンフルーツ缶もグループ名と裏腹のへヴィなサウンドが売り。Party Rocketsは元MR.BIGのエリック・マーティンの楽曲提供を受けている。
     とはいえ、これらのグループはアイドルの基本線を守りつつのロック。アイドルファンが離れないよう、振り切りすぎは抑えられていた。それに対しBABYMETALはさくら学院が母体にあっての活動。アイドルらしさはそちらで発揮する分、クラブ活動ではガチの“重音”=へヴィメタルに取り組んだ。ヘッドバンギングなどのパフォーマンスやキメポーズでメタルの様式に則ったのはもちろん、何よりサウンドが本格的。演奏する「神バンド」は日本トップクラスのテクニックを持つミュージシャンで構成されている。
     その激しいメタルサウンドは、アイアン・メイデンやオジー・オズボーンなどを聴いていた層の鑑賞にも耐えるもの。かつ、そこで可愛らしい少女たちが歌い踊るギャップは、アイドルを見慣れた日本国内より、そもそもこうしたアイドルが存在しない海外でネットを通じて新鮮に受け取られた。それを物語るかのように、再生回数4700万回を越えた「ギミチョコ!!」の動画には英語コメントが並んでいる。
     SU-METALのボーカル力とYUIMETAL、MOAMETALのダンス力。日本式アイドルのフォーマットも、18歳と16歳の3人が外国人にはさらに幼く見えるだけに驚きのパフォーマンスに映る。それに加え、ツインテールのYUIMETALとMOAMETALの顔や背格好が似ていることもあり、神秘性も感じさせて。メタルの神である“キツネ様”のお告げという設定や、『METAL RESISTANCE』収録の「KARATE」での空手風の振りなどエキゾチックな和要素も取り入れられた。結果、海外のファンに自国にいない唯一無二のアーティストとして認知が広がっていった。それは、制作サイドの意図以上だったかもしれない。
     日本国内では、こうした海外での評判が逆輸入される形で火がついた。現在のファンの中心は、さくら学院時代からのコア層は別にして、アイドルファンではない。ライブ会場ではウォール・オブ・デスやサークル・モッシュとメタル特有の動きも起こる。かと言って、メタルファンだけに受けているようでもない。その支持だけでは東京ドームに至らないだろう。ジャンルは別にBABYMETALを「面白い」と感じた一般層がかなりいる。
     そういった意味では、ももいろクローバーZがサブカル的存在としてブレイクした状況とも通じる。ただ、ロックファンがBABYMETALのスタイルの面白さを知るきっかけは、レディー・ガガのツアーのオープニングアクトを務めるなど海外発の話題だったという。

    【ベビメタ なぜ海外でウケた?】BABYMETALが日本より先に海外で人気を呼んだ理由はどこにあったのか。彼女たちの魅力や戦略について探る。 yahoo.jp/gblxkN
    続きを読む »
    25 4月

    安倍政権「世界のアベノミクス!!」海外メディア「先進国最低の成長率じゃん・・」

    日本経済

    安倍政権の経済政策「アベノミクス」をめぐり、日本では、消費増税延期論と絡んで、失敗か否かという議論が沸き起こっています。昨秋に「新三本の矢」を打ち出し、4年目に突入したアベノミクスですが、2%の物価上昇率は達成できていないのが現状です。
     ここへ来て、海外でのアベノミクス評価は厳しい論調が目立つようになっています。国際経済学に詳しいジャーナリストで東洋英和女学院大学大学院の中岡望客員教授に、海外での報道を中心に解説してもらいました。
     日本の首相の海外での評価は低いのが一般的です。過去の日本の首相の発言は曖昧で、何を主張したいのか分からないというのが海外の一般的な受け止め方です。その中で海外で非常に高く評価されている首相が二人います。小泉純一郎元首相と安倍晋三首相です。
     二人に共通しているのは、主張が明確であることです。特に安倍首相は昨年、海外メディアに世界で最も注目される政治家の一人に選ばれたこともあります。安全保障問題で、その是非は別にしても、日米同盟重視、強硬な対中国政策と極めて明確なメッセージを発信しています。経済政策でも、安倍政権の経済政策を意味する“アベノミクス”という単語は国際的に通用する用語として定着しています。
     2012年12月に安倍政権が発足、金融緩和、財政出動、成長戦略を三本の柱とするアベノミクスが発表されました。翌年3月、日銀総裁が白川方明氏から黒田東彦氏に交代し、異次元の金融政策として大量のマネタリーベースの供給とインフレ率2%の目標が設定されました。
     それから3年経ちます。当初、アベノミクスは内外で注目されていましたが、ここに来て海外の論調は厳しいものになってきています。その最大の要因は、アベノミクスは期待されたような成果を上げていないということです。2015年の日本の経済の実質成長率は0.5%の低成長に留まりました。さらに、IMFは今年の成長率も0.5%、2017年はマイナス0.1%と悪化すると予想しています。先進国で最低の成長率です。こうした景気低迷を受け、日銀が掲げる物価上昇率2%の目標の達成ははるか及ばず、日本経済がデフレから脱却するのは難しいとの見方が広がっており、それが海外での厳しいアベノミクス評価に結びついているようです。
     アベノミクスは、円安と株高をテコに経済成長を実現し、それが労働賃金の上昇に結びつき、需要を喚起して、デフレ脱却を目指すものでした。しかし、マイナス金利政策の導入にも拘わらず為替相場は円高に転換し、株式相場も先進国で最低のパフォーマンスに陥っています。こうしたことから、金融政策だけでは景気回復を図るのは無理との見方が内外で強まっています。海外の関係者は、日本政府と日銀が当面の円高にどう対処するのか注目しています。 さらに、アベノミクスの3本目の柱の構造改革も遅々として進まない現状もあります。

    【アベノミクス 欧米紙が批判】安倍政権の経済政策「アベノミクス」をめぐり、海外メディアは厳しい論調が目立ち始めた。米紙では行き詰まりを示唆。 yahoo.jp/FTd8cs
    続きを読む »
    24 4月

    グラドルが始球式で103キロの剛速球を披露wwwwwwwww

    稲村亜美さん
    稲村亜美さん2
    稲村亜美さん3
    稲村亜美さん4
    QVCマリンフィールドで行われているプロ野球公式戦・ロッテ-オリックスの始球式・始打式にタレントの稲村亜美さんが登場した。
     “神スイング”でお馴染みの稲村さん。まずは始打式で、前日先発したエースの涌井秀章と一打席対決を行った。初球高めのボールを見送ると、空振り、ファール、ファール、最後は低めのボールを空振りし三振に倒れた。「涌井選手の球?最多勝投手のボールはいくら打ちやすいように投げてくれていても打てなかったです。凄いキレでした」と、やはりプロの球は凄かったようだ。
     始打式は空振り三振に終わったが、始球式では大きく振りかぶって放たれたボールは、捕手・田村龍弘のミットに収まった。球速は自己最速の103キロを計測。
     始球式後、稲村さんは「打てなかったので、なんとか投げる方で取り返そうと必死でした。103キロという自己最速が出て嬉しいです。涌井選手、二木選手と2人の方にキャッチボールしていただき、いい感じで肩が仕上がりました。本当に感謝です」とコメントした。

    【ロッテ】
    “神スイング”でお馴染みの稲村亜美さん
    始球式で自己最速103キロを記録!
    baseballking.jp/ns/67794
    ついに出た!100キロオーバー!
    今日も見事な投球でした。
    続きを読む »
    24 4月

    ビートたけしが激怒!被災地で空き巣行為やる奴なんて射殺しろよ

    ビートたけし

    タレント、ビートたけし(69)が24日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜・11・55)で、熊本地震の被災地で発生している空き巣被害について怒りを露わにした。
     同番組に出演の東国原英夫(58)が、熊本地震での被害について語る中、たけしは被災地での空き巣について自ら切り出し、「あいつら射殺しろよ」と激怒。さらには「こういう時にそういう犯罪をするのは特別に罰しないと」と、持論を展開した。
     熊本県警は、23日までに、14日以降の地震に乗じた窃盗事件などを県内で18件確認し、捜査を進めている。
    (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-
    続きを読む »
    サイト内検索
    カテゴリー
    アーカイブ
    スポンサードリンク