yasuko1984ja

億ったー

世の中の出来事・ニュース・ネタをネット民の反応視点で読み解くサイトです


    田中萌アナの疑惑について乙武さんが毒吐き キャラ変わった? 

    1: 名無しさん 2016/12/07(水) 18:50:53.52 0

    続きを読む »

    真珠湾攻撃の生存者が安倍総理の訪問についてコメント 「素晴らしい」

    【償いなら素晴らしい】安倍総理大臣の真珠湾訪問について、真珠湾攻撃の生存者リチャード・ヤングさん「謝罪は悪くない、でも私たちは日本に原爆を落としている。謝罪し始めたらきりがない」
    どこかの国の人にも聞かせたい言葉だ

    CzCp5vdVQAARViS
    CzCp5vmUoAA7t6_

    続きを読む »

    ユニクロ潜入記者の横田氏、解雇されるwwwww

    1: 名無しさん 2016/12/07(水) 16:27:26.09 ID:CAP_USER9
    ユニクロでアルバイトとして働いていたジャーナリストの横田増生氏が、12月3日解雇を通告された。横田氏は、昨年10月からアルバイトとして勤務し、12月1日発売の「週刊文春」でルポ「ユニクロ潜入一年」を発表していた。

     この日の14時前、シフトに入っていた横田氏は、いつも通り新宿の「ビックロ」に出勤。
    ユニクロの人事部長から解雇を通知された。記事の寄稿が就業規則に抵触し、同社の信用を著しく傷つけたとの理由だったという。


     横田氏は、記事に間違いがあるのかを確認したところ、人事部長は「中身の吟味はしていない」とし、懲戒解雇ではないとも説明した。

    「週刊文春」は、横田氏の解雇理由の確認や記事に対する見解を、ユニクロを運営するファーストリテイリングに求めたが、「お答えすることはありません」(広報部)との回答だった。

     解雇に至る詳細な経緯を含めた横田氏の取材レポートは、12月8日発売の「週刊文春」に掲載される。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00006861-sbunshun-soci
    週刊文春 12/7(水) 16:01配信


    続きを読む »

    ロシアのお菓子に「今後広げるであろう領土」を記載・・・・さすがおそロシア

    今日買ったロシアのチョコレート。地図が色分けされていて、注釈が上から「ロシアの領土、新しい領土、今後の領土」でミルクチョコのくせに超ブラック。

    CywGhVDUkAAHPM4

    続きを読む »

    「君の名は。」、イギリスで最高評価!まだ見てない人wwwww

    1: 名無しさん 2016/12/05(月) 13:37:04.09 ID:yx8bRMX70
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000005-flix-movi

    日本で大ヒットを記録している映画『君の名は。』は、アメリカの大手映画批評サイト Rotten Tomatoes でも97%(2日時点)という高評価を獲得しているが、

    なかでも11月24日から公開が始まったイギリスでは The Guardian、EMPIRE、The Telegraph の3誌がそろって5つ星の最高評価を与えている。

    以下に各誌のレビューから一部を抜粋して紹介する。

    ■The Guardian
    目もくらむばかりに輝く“体いれかわりロマンス”。新海誠監督は、自身が日本のアニメ界の新たなキングであるという評価を確立した。
    「目が覚めると夢は消えている」というが、この素晴らしい映画ではそんなことはない。スクリーンから不思議な光が消えたあとでも、観客はずっと楽しい空想の中に浸っている。

    ■EMPIRE
    新海誠。この名前を覚えておいてほしい。もしこのクレイジーな世の中に少しでも正義があるのであれば、これから数年の間に日本アニメ界の偉人である宮崎駿と同様の評価を彼は受けることになるだろう。

    そして彼は来年には早くもオスカー像を手にしている可能性もある。

    アカデミー賞長編アニメ映画賞かアカデミー賞外国語映画賞。いやその両方かもしれない。今年、日本のアニメ映画を1本しか観ないつもりであれば、この作品を観るべきだ。そして2回以上観るべき。

    ■The Telegraph
    この映画は笑ってしまうほど美しい。例えば雨のあとを描いた美しいシーンは、現実世界における「鮮明さ」「輝き」「知覚能力」が洗練されたような感覚にさせる。
    ストーリーを話すことはもちろんネタバレとなる。しかし、この作品に“本当のネタバレ”というものはない。

    新海誠作品を理解する唯一の方法は、自分自身でその世界に浸り、織り重なった2つの命のそばにある自分の心の組紐を感じ、銀色の弧を空に描く彗星を自分の目で見つめるしかない。

    続きを読む »
    最新記事
    サイト内検索
    カテゴリー
    アーカイブ
    スポンサードリンク