ここで61年前の大容量(5MB)HDD納品の様子を見てみましょう。

C2AdgiEUAAAVoAV

スポンサーリンク


ツイッターの反応(ノ∀`) 
これの後継機に四苦八苦してまふ。
ファッ!?こんなデカかったんか…!?しかもIBM…こんな古くから存在したのか
記憶力のいいおじさんがこの中でお茶飲んでいるんだ~ぜったい(笑)
何言ってんだIBMって言ったら今のIT社会を作り上げてきた大御所のうちのひとつだぞ!
おお!なつかしい。 厳重な結露防止梱包して出荷されたHDD。納入後も十数時間寝かせて設置環境に馴染ませてからようやく開梱して現地調整。 深窓のお嬢様でしたね。 爺様より。
30年前の換装式10MBディスクパックが、一輪車のタイヤくらいの大きさだった記憶があります。
そちらはビットでIBMのはバイトなのです。
(8ビット=1バイトなので2Mビットは大体256Kバイト。)
初めて買った外付けのHDDは、中古5Mで10万以上してた思い出!(^o^)!
スゴいですね(๑°ㅁ°๑)‼ボクが買った外付けHDDは2GBで4万ぐらいでした💦
 ホントですね!200mhzのCPUを6万で買ってたりしましたからね😅
こんな超大容量使い道が思いつかないぜ!
50年後には現在のマイクロSDカードですら鼻で笑われるモノになってるんだろうな・・・。
こういうの見るとほんと技術の進歩ってすげーし未来生きてんな
この写真ほんと好きなんだけど、これ完全に、はじめ人間ギャートルズの石のお金を転がしてる人だよね
61年も昔に既にHDDがあったとは、知りませんでした😲
この間 デカいHDDが 3.5インチって云う40代後輩が居たので、 いやいやデカいのは5インチATベイだろって返したら、 先輩が 大きな HDD ってタンスの事を云うのだよ…… って
今じゃ5MB(フラッシュカード)の移動なんてポイッだからね・・
61年前にハードディスクが存在していたという事実がすでにΣ(・□・;)。ここまで古いのは知らないですわ。5MBってのも当時にみれば脅威的な大容量ですねぇ。

当時の人:「どうや、こんだげあれば何でも保存できるで!」
今の人:「は? 写真一枚保存したら終わるで!」

うーむ…
わあ 30年以上前
学校の情報処理室のコンピュータも
大型冷蔵庫くらいありました

5MBでこんなデカイのか…
今は平気で200gbのmicrosdあるもんな…
ASCIIコードでも5x1024x1024文字しか記録できないならB5ノート1冊の方が容量大きそうだな…
S3500のHDDを思い出すねぇ…σ^_^;
設置に床にコンクリ流し込んで補強したって聞いたけど、あれは何メガのHDDだったんたろ?
ワイのスマホで写真とると1枚当たり4MBを越えるので、コイツ1つに1枚しか入らない…
半世紀経った今では1TBのメモリとかがあるんだよなぁ…
よくこんな短い時間でこれだけ進歩したもんだ_(:3」∠)_
具体的に何を記録してたんだろう?
昔の方が小さな容量で色々やりくり出来てたのかもしれない…なんて思ってみたりしない?
いにしえのIBM
まさか中国資本の手に落ちるとは…
BUFFALOの3TBだとこの巨大な箱が60万機分ってこと?ヤバいw
技術の進歩って凄いですよね。
今やHDDなんて、テラバイトが当たり前の世の中ですしね…。(^_^;)
初めて買ったハードディスクの容量は20MBでした
これを見るだけでサンディスクさんらの偉大さわかる
20年前の1TBのHDDも中型の冷蔵庫ぐらいの大きさだったな(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで億ったーのフォローよろしくお願いします!