図書館で調べ物してる人らは全員賢そうと言うか、知性や気品が感じられて普段ハーブティーを嗜みながら天然酵母パンとか食べてそうだけど、本当はお前らも王将食べたかったんかいって思いました。

C7NDhFVU8AA8R1K

スポンサーリンク


ツイッターの反応(ノ∀`)

マジレスすると、図書館は暇な老人(と中高年)と受験生(資格系含む)しかいない気がする。時々、専門書や雑誌を読みに行くけど、「火花」を掲載した時の文學界や文藝春秋を含め、専門誌や文芸誌で待たされたことはないし。
図書館あるある。全国で多発してんだろうね、王将の餃子クーポン券盗むやつ。確か読売だけでなく朝日もあったような。毎月2回、図書館の確認印を押すなどして対策していないとほぼ確実に盗まれるようです。
おこもさんが暑さ寒さをしのぐとこでしょ、図書館って・・・
図書館が、古書店から本を購入する場合、多くは「図書の破損」ページの切り取りなどで買い直すはめになった場合。これが意外と多い。だから価値のある図書館ほど、管理が厳しいし、愛想が悪い。
おっさんたちが新聞コーナーに集まるが、そこから単行本や調べものには進まないってツイがあったんだけど、こういうことをねらってる人もおるのか。週刊誌の懸賞とかアンケートとか・・・
公共施設に貧民がたむろするのは在り方として健全である。自分もよく行く。
「図書館で調べ物をする層」と「図書館で新聞を読む層」は完全に別物でしょ。
後者は暇潰しに来館する低所得層の老人が多い。図書館にいれば冷暖房代節約できるし
分かってない。図書館はメンヘラと無職のたまり場
図書館ってホームレスのたまり場じゃないの?
あるある。図書館によっては、切り取り防ぐためにフィルムかけてるところもあるね。
こんなものを盗む人って、王将クーポンが今月から無料券やなくて半額券になったのにもクレーム入れて来そう
これな。たまに読売でなく別の新聞に載るときあるので、うちの館では朝のミーティングで、「今月は朝日でした」「今回はぎょうざではなく、新作ラーメンの半額券です」などという、(傍から見たら)謎の申し渡しが行われている。
王将クーポン券にちょっと余白を作っておいて、配達されたら図書館や公共施設のゴム印を押せるようにして、図書館・公共施設のゴム印の押してある新聞切り抜きクーポンは全部無効にしてしまうというのはどうだろうか。
仙台くらいの規模の都市だと、図書館に来てるおっさんやおばはんの大半は、「年金暮らしで暇つぶしで来てるような人」が殆どである。
江戸時代の川柳集『誹風柳多留』に「通り抜け無用で通り抜けが知れ」 という川柳があるのを知らんのかね。これじゃあ、ここにクーポン券があるから、切り取ってくれと言わんばかりではないか。
19世紀の新聞をいじってる人間からすると、新聞を“史料”として読む場合、「王将の無料クーポン」ですらも、「この情報媒体にどういう類の資本が絡んでいるか」とか、「編集部がどういう読者層を想定していたか」とかを考える手がかりになるもの…
(図書館使うのは賢い人ばっかじゃry)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで億ったーのフォローよろしくお願いします!