なんで美談として扱うんだろう?新聞は「線路に入る前に非常停止ボタンを押す」ってことを広く啓蒙すべきでないの?助けて死んだ人も電車が止まって足止め食らった人もだれも幸せになってない。

美談にしてもいい。でも、「とにかく非常ボタン!」ってことも必ず書いてほしい。本当に切に願います。

 C9nXOLHVYAESlQz
スポンサーリンク

ツイッターの反応(ノ∀`)

助けた人はいいことをしたんだと思います。でも、正しいことをしたのかどうかは…。
そうですね。「線路に入る前に非常停止ボタンを押す」の啓蒙は大切です。田舎の踏切内で動けない軽トラと出くわした際、電車🚃が止っていたから。直ぐ助け出しに向ったことがあります。後から思うのに、なぜ電車が止まっていたのかな。でした。亡くなられた方のご冥府をお祈りします。合掌
駅のホームから落ちたひとを助けようとして轢かれたこともありました。鉄道各社はあれから頑張って非常停止ボタンつけました。

新聞も、ボタンを先に押していれば助かったかを考えに入れて記事書いて欲しいです。

非常ボタン云々より一番問題なのは、周囲の人間がなにもしなかったこと。俺が思うに周囲で見ていた10%は写メってたり動画撮影したり、踏切内に老害いて草とかツイートしてたに違いない。
この手の事故が起きるたびに訴えてますが、とっさに助けに入る事がどれだけ危険なことなのかがまだまだ世の中に理解されていないのでしょうか。そして報道各社は事故防止策を報道せず、悲しんでいる人たちの様子や企業への批判しか報道しない所に憤りを感じます。
おっしゃる通りですね。
昨日もテレビ見ていて、立体交差にしないのが悪い的な話は出てたけど、ボタンを押せはついに聞きませんでした。
正義の人、悲劇って祀り上げて、鉄道会社を批判して終わる。
それだけなんですね。
美談にしないとご遺族が報われない
他の方法があったのだとしても、これが最善でなかったのだとしても、実際ボタンは押されなかった、実際二人とも死んでしまった、これが起きてしまった後では美談にするしかないのだと思います。わたしが遺族ならそれでしか慰める方法がないです。
気持ちは分かりますが一番大切なのは今後どう防ぐかですからね。ボタンの存在を事故を通してもっと広められるべきです
私見ですが、原則、停止ボタンを押すのは異論ありません。
が、最早間に合わないと一目瞭然な状況で冷静にボタンを押して「あ~あ、間に合わなかったよ」と言うのと、万が一の可能性に賭けて助けに入った勇気をとやかく言う事自体が不遜に思います。
そうですね、わたしは美談にしたことのメリットを述べただけですので、その後事故をどう防ぐかはまた別の問題です。専門の方にお任せします。
ここの踏み切りは時間帯にもよるけど警察が取締りしてる場所なんだよな。
一度捕まったことがあるのだが、
『危ないでしょ』と言われた。
危ないなら渡る前に声をかけろよ、
と憤りを感じた因縁の踏切なのだ。
車両がすぐそこまで迫っていて、非常停止ボタンを押して間に合わないと判断したからこそ自らの危険を顧みず助けに行ったとしか考えられない。コンマ1秒における救助者の行動はやはり勇敢だと思う。
非常ボタンなんて無かった世代(50代~)は、咄嗟な状況になると非常ボタンの存在を忘れる。
美談にする気は無いが、世代(時代)の違いも意識しないと駄目。
JRを筆頭に、どこの鉄道会社でも
「危ない時はまず止めろ」
と従事員に教育してます(`・ω・´)
これはマスコミも徹底広報して欲しいですね
「自分だったら、非常ボタンを押す」これ一択
生きていてこそ美談。
死んでしまっては、何にもならない…
指をくわえて、見殺しにするより何倍も素晴らしいが…
ホームドア設置前に線路に人が落下した時
すぐに非常ボタン!に眼と頭が行かず
とにかく叫んだ私です。
啓蒙が大切だと思います。
確かに立派な行為だったけど、勇気に知識と力量が足りなかった。
非常停止ボタンがあるなら、次の悲劇を防ぐ為に報道して欲しい。
この新聞の絵にも非常ボタンの位置は描いてないですね。
ずっと疑問に感じているんだけど、最初に踏切内に入った75歳の男性は「貧困による自殺願望」だったのか「認知症による迷い込みによるものか」だったのか、ということ。
本当に標語にまでしてほしい
例「まず列停ボタン。間に合わなければ既に手遅れ 諦めよう」
ワイもそれ思ったわ。助けに行く前になぜボタン押すか誰かに押してもらうかしなかったのかと
45秒か。全ての運転士をプロフェッションとして見ると非常信号見て止まるの一連の動作が出来るな。
JRでバイトした時、「ホームから転落した人がいたら迷わず非常停止ボタンを押してください」って口酸っぱく言われたな…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで億ったーのフォローよろしくお願いします!