DKSZw2_VAAAzD9h
DKSZw3KVoAAvMY9
DKSZw3WUQAA2wZq
スポンサーリンク


 ・・・お麩か。
当時は「甘い卵麩やなぁ」って認識だったのか。




子供の頃に何かでよんで、味噌汁で試した事はあるなぁ。お土産の長崎カステラ、自分の分の割り当てがそれで消えた……。味は覚えてないけど後悔はした。


甘さ控えめでしっとりしていない安いカステラを使った方が、当時の食感に近くなりますね、




3日ほど前に買った安物のカステラが残ってる…
帰って試してみよ!


わさびつけて食べとかも聞きますよね


 当時のカステラの甘さ柔らかさが気になりますね


高級品だと味の自己主張が激しいのと、しっとりし過ぎて駄目ですね。


ほー。でもまずいカステラ探すほうが難しい




カステラって卵焼きとか麸的な捉えられ方をしてたのか…?


ほー!カステラつまみに酒飲むのはありだけど大根おろしのせる発想はなかったなぁ。醤油かけるのかしら?


カステラは、万能食材という事になっていましたね💦(麩や厚揚げに形が似てたから勘違いされたのかもしれません💦






これ職場の九州人にも聞いてみたけど流石に江戸時代のお話、知らんと言っていた。


なんてこった! ってことは今まで我々は『カステラの刺し身』を食べていたのか!


ほう…試してみよう。「柿に味醂を回しかけたもの」も衝撃のおつまみだったので、こちらも定めし意外な乙な味なのだろう。




「バカ兄弟」という漫画の中で、ボケかけたおじいさんが手土産のカステラを味噌汁に入れてしまうというギャグがあったんですけど、味噌汁はともかく、そういう食べ方が本当にあったんだと衝撃。現代の甘いカステラでもいけるのかしら。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで億ったーのフォローよろしくお願いします!