yasuko1984ja

億ったー

世の中の出来事・ニュース・ネタをネット民の反応視点で読み解くサイトです


    18 3月

    山口県周南市オープンのツタヤ図書館、ダミー本を万単位の大量購入wwwwwwww

    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 07:09:40.30 ID:CAP_USER9
    「まったく、人をバカにした話だと思いますよ。152万円も出して、ダミー(偽物)を3万5000冊も買って並べるというのですから」

     そう憤慨するのは、山口県周南市のある市議会関係者だ。憤るのも無理はない。昨年12月に開催された市議会の予算委員会で、市が来年2月オープン予定の新図書館の開館準備に「ダミー本を3万5000冊分、約152万円で購入」することを明らかにしたからだ。

    「ダミー本」とは、ダンボールでできた中身が空洞の偽物の本のこと。マンションのモデルルームなどで、部屋のインテリアをオシャレに演出するために使われる洋書風の小道具といえば、イメージしやすいだろう。その偽物の本を、よりによって新設する公共図書館に3万5000冊分も入れる計画というのだ。

     仮に1冊2センチの厚さの単行本を寝かせて縦に積み上げると、その高さは700メートルにもなる。偽物に152万円も使わず、1冊2000円の本を760冊買ったほうが有意義なのではないだろうか。市民の知的活動を支える社会教育機関が“偽物の本”を大量に購入するというのは、長い公共図書館の歴史のなかでも、前代未聞のことだろう。

     周南市は、なぜそんなことをするのか。

     それは、この開館予定の図書館の指定管理者となるのが、レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)であることが関係している。CCCは、空間プロデュースから手掛け、図書館開館後は指定管理者として図書館運営業務を担う。同社が運営する図書館は、すでに全国に4例あり、通称“ツタヤ図書館”と呼ばれている。

    ~中略~


     読むべき本をそろえるのではなく、ダミーで見た目だけを整えて集客するためのインテリアとするという考え方は、決して“市民本位”の行政とはいえないのではないだろうか。
    (文=日向咲嗣/ジャーナリスト)

    全文はリンク先へどうぞ
    http://biz-journal.jp/2017/03/post_18386.html
    続きを読む »
    24 1月

    宮城のTSUTAYA図書館すげー!!←そこ蔵書のほとんどがダミーやで

    この宮城とかいうクソ田舎にこんなドチャクソかっこいい図書館があったとは

    C2wOmv9VIAAjXFM

    続きを読む »
    最新記事
    サイト内検索
    カテゴリー
    アーカイブ
    スポンサードリンク