yasuko1984ja

億ったー

世の中の出来事・ニュース・ネタをネット民の反応視点で読み解くサイトです


    6 1月

    トランプがツイッターでつぶやくだけでトヨタの株価が下落wwwww

    1: 名無しさん 2017/01/06(金) 10:56:28.53 ID:CAP_USER9
    アメリカのトランプ次期大統領が、トヨタ自動車がメキシコで進めている工場の建設計画を批判した影響で、6日の東京株式市場では取り引き開始直後からトヨタの株式に売り注文が広がり、一時、5日の終値より率にして3%余り下落するなど自動車メーカーの株式が売られる展開となっています。
    アメリカのトランプ次期大統領は5日、トヨタがメキシコに工場を建設する計画を進めていることをめぐり、ツイッターを通じてアメリカ国内で生産しなければ高い関税を払うよう強く求め、日本の自動車メーカーにも批判の矛先を向けました。

    これを受けて、6日の東京株式市場ではメキシコ国内でアメリカ向けの自動車を製造しているトヨタなどの自動車メーカーの業績見通しへの不透明感が意識され、売り注文が先行する展開となっています。このうちトヨタの株価は取り引き開始直後には5日の終値より219円、率にして3.1%下落しました。

    また、ほかの自動車メーカーの株式も売られ、マツダは4.1%、ホンダは3.2%、日産自動車は2.8%それぞれ下落しました。

    市場関係者は、「日本の自動車メーカーに対し、アメリカ次期大統領からの前例のない批判があったことで投資家の間に不安感が出ていることに加え、外国為替市場で円高が進んでいることも株価を押し下げる要因になっている」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170106/k10010830591000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002 


    続きを読む »
    28 12月

    【悲報】東芝株が大暴落

    1: 名無しさん 2016/12/28(水) 14:40:34.51 ID:CAP_USER9
    東芝株急落、時価総額5600億円消滅 シャープに抜かれる
    2016/12/28 12:17

     東芝株への売りが止まらない。28日の東京株式市場で東芝の株価は一時、制限値幅の下限(ストップ安)となる前日比20%安まで下落。27日からの2日間で時価総額およそ5600億円が吹き飛んだ。
    米国の原子力発電事業で数千億円規模の減損損失が出る可能性があると27日に発表したことで、経営再建の遅れや財務悪化への懸念が強まっているためだ。28日の取引時間中には、業績回復への期待感から株価が上昇しているシャープに時価総額で抜かれている。

    ■2日間の下落率30%

     東芝株は売り気

    以下ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28H3J_Y6A221C1000000/
    続きを読む »
    27 8月

    【悲報】GPIFの年金運用、3ヶ月で5兆2342億円の赤字

    5754115467fa8022fb1e0aed327d655f

     公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が26日に発表した2016年4~6月期の運用実績は、5兆2342億円の赤字となった。赤字は2期連続。英国によるEU(欧州連合)からの離脱決定などで加速した円高・株安が響いた。14年10月に資産構成に占める株式の比率を2倍に増やして以降の累積では1兆962億円のマイナスと、初めて赤字に転落した。

     6月末時点の運用資産は129兆7012億円で、4~6月期の運用利回りはマイナス3.88%だった。運用資産は15年6月末(141兆1209億円)や16年3月末(134兆7475億円)から減少した。

     収益(市場運用分)の重荷となったのは株式。国内株が2兆2574億円、外国株が2兆4107億円の赤字だった。円高が響いて外債の運用も苦戦し、1兆5193億円の赤字となった。国内債は9383億円の黒字を確保したが補いきれなかった。


    公的年金の運用に円高・株安の逆風。GPIFの4~6月期の運用実績は5兆2342億円の赤字になりました。14年10月に資産構成に占める株式の比率を2倍にして以降の累積は初めて赤字に転落しました。
    nikkei.com/article/DGXLAS…
    続きを読む »
    9 4月

    株の超高速取引(HFT)規制へ 金融庁「1秒間に何千回も取引されたら相場急変動しちゃうじゃない!」

    HFT


    金融庁は、1秒間に1千回前後の頻度で株を取引する「超高速取引(HFT)」の規制に乗り出す。先行する欧州や米国を参考に、今月から有識者会議の金融審議会で規制のあり方を話し合う。株価の乱高下を防ぐ狙いだが、市場関係者から反発も出そうだ。

     麻生太郎財務・金融相は8日の閣議後会見で「相場急変動の要因の一つになっているのではないか」と述べた。審議会ではHFT業者を登録制にすることなどが検討されるとみられる。

     HFTは「アルゴリズム」と呼ばれるプログラムで自動的に行われる取引で、東京証券取引所で成立する取引の4割を占めるとされる。大量の売買を繰り返して利ざやを稼ぎ、その過程で株価が急変動することがある。

     2010年5月には、米ダウ工業株平均が数分間で前日比約1千ドル下落し、すぐに元の水準まで戻る「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる現象が起きた。HFTが原因かははっきりしないが、海外でHFTを規制する議論が強まるきっかけになった。

    続きasahi.com/articles/ASJ48…  
    続きを読む »
    25 2月

    今年のIPO第一号はてな上場 買い注文殺到で価格がはてな?になる

    はてぶ


    はてなが2月24日、東証マザーズに新規上場した。買い注文が売り注文を大幅に上回り、公開価格から2倍以上に気配値を切り上げたものの、初日に取引は成立しなかった。
     今年のIPO第1号ということもあり、取引開始から買い注文が殺到。公開価格の800円に対し、取引終了時には1840円にまで気配値を切り上げたが、35万7000株の売り注文に対し114万1500株の買い注文と、差し引き約70万株の買い越しだった。
     気配値1840円ベースの時価総額は約48億8000万円。


    続きはこちら bit.ly/1XLOfcZ


    続きを読む »
    サイト内検索
    カテゴリー
    アーカイブ
    スポンサードリンク