1: 名無しさん 2017/04/18(火) 15:03:46.30 ID:CAP_USER9
選挙前、政党が候補者の人品骨柄を調べることを俗に「身体検査」というが、その容姿だけを見るなら一発合格も頷ける。7月の都議選で「小池新党」の目玉とされる平慶翔(けいしょう)氏(29)。早くもトップ当選の前評判も聞こえるが、小池百合子都知事はご存じだろうか。彼の秘めたる脛の傷を――。

彼が出馬する板橋区は、自民党東京都連会長の下村博文氏のお膝元。現職の自民都議2人は下村氏の元秘書だ。対する平氏も、昨年8月まで約3年間、下村氏の公設第一秘書だった経歴を持つ。いわば小池知事が放った「刺客」なのである。

永田町関係者が継ぐ。

「平氏は円満に秘書を辞めたことになっていますが、本当はカネ絡みの不祥事で事務所を解雇されたんです。でも、下村サンの武士の情けでね。対外的には平氏は実家の家業を継ぐという話にして、送別会まで開いてあげていましたよ」

下村氏に恩を仇で返すことは許されない話である。

で、その後の平氏がどうしたかといえば、事務所を辞して僅か3カ月後のこと。古巣には内緒で、次期衆院選愛知2区の自民党候補の公募に名乗りを上げたのだ。

「案の定、公募選考では身体検査に引っかかり落選しました。それで、自民ではもう目がないと考えたのか、すぐさま小池新党へ寝返ったんです」(同)

一部抜粋です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/04180557/?all=1 
【大迷惑】
アモーレ弟平慶翔氏が自民党から出馬できない理由を自民党が言わないのは自民党が「大人」だからだろ?
そこを勘違いする #都民ファーストの会 と小池百合子には壮大なしっぺ返しがくるよ。

C8uQeFVVYAAIRNC
C8uQj-yUAAA6aDD
C8uQo0vVYAEf3Dr

続きを読む »